事業案内 - ゴルフ事業・後見事業の和なり創健株式会社

TOP > 事業案内

事業案内guardianship_service

身元保証から後見まで、サポートします

掲載日:2016年08月29日

身寄りがいなくて、身元保証人がいない
認知症になったときのために、後見人を決めておきたい
自分の財産管理や費用の支払いをお願いする人がいない
万が一、自分が亡くなった際の葬儀などをお願いする人がいない

このようなお悩みをお持ちの方を和なり創健がサポートいたします

詳しくはこちらをどうぞ

 

和なり後見の特長って何?

掲載日:2016年04月12日

和なり創健って、株式会社なのに後見人になれるの?
とか、株式会社後見ってどこがいいの? とかよく聞かれますので、お答えします。
後見人は、個人でも法人でもなることができます。

まず、法人後見の強みを申し上げると、
①法人後見は、「組織対応できる」という点で、個人後見に優位です。
・複数・継続担当制がとれますし、不正防止や研修体制の整備においても優位です。
②当社の後見事業部には、総勢22名のスタッフが在籍しており、後見プロ人材や介護職経験者、元教諭・老人施設経営者や銀行経験者など、多様な人材が集まっております。
③その豊富な人材により、「見守り」「同行」「医療」「介護」「福祉」「預貯金」「保険」「証券」「不動産」「相続」「登記」「納税」「悪質商法対策」「看取り」「死後事務」「就労支援」などの後見分野のすべてに対応してまいります。

それに、和なり後見は、次の8つの特長を備えております。

①本人主義~ 被後見人の最善の利益を追求します。
②後見アセスメント~ 後見の必要性と費用を事前に査定します。後見ありきではなく、かつ安価な方法を提案します。
③後見プラン~ 計画的な後見プランのもとで業務を遂行します。
④地の利~ 被後見人の近くに居住する後見スタッフを配置します。
⑤業務監査~ 顧問弁護士などによる監査体制を敷きます。
⑥保険加入~ 後見業務遂行上の損害賠償責任保険に加入しております。
⑦財務体質~ 分離会計、及び弊社には50年超の企業存続実績があります。
⑧プロ人材~ 一般社団法人後見の杜と業務提携により、プロ人材2名を出向受入し、後見トラブル含め、後見のことなら何でも相談対応が可能です。

IMG_9223

 

 

 

 

 

 

後見支援員などスタッフ配置のお知らせ

掲載日:2016年04月05日

弊社では、後見事業に本格的に取り組むことを目指して、4月1日より皆様への支援体制を下記の通り整備いたしました。この体制及びスタッフにて、皆様のお役に立ちたいと考えております。

◇組織体制  ①後見事業部に、以下の課を新設。
・企画課~ 企画・広報等を所管。
・文書課~ 申立書類・契約書作成等を所管。
・総務課~ 出納経理事務や相談センター等を所管。
②一般社団法人後見の杜と、業務提携契約及び出向受入契約を締結。
・企画課長に、同法人/代表 宮内康二氏を招へい(※)。
・文書課長に、同法人/事務局長 齋藤真由美氏を招へい(※)。
③営業・事務要員として、「後見支援員」17名と契約。
・居住エリア~ 豊中市5名、吹田市4名、池田市2名、箕面市1名、
茨木市1名、東大阪市1名、伊丹市1名、西宮市1名、
姫路市1名

IMG_9223

※略歴等
◇一般社団法人後見の杜
・後見の質の向上を目指し、全国の被後見人やその家族からの相談に日々対応。後見人に対するクレームが多い実態を踏まえ「後見人相談士」の認定事業を昨年4月にスタート。独自の「後見アセスメントシート」を活用し。後見の必要度と費用概算を提示しながら、後見の要・不要を適切にアドバイス。また独自で開催する「後見懇話会」も好評を博している。

IMG_3675

◇宮内 康二氏(一般社団法人後見の杜 代表) ⇒ 弊社後見事業部企画課長を兼務
・昭和46年生まれ。早稲田大学卒。南カリフォルニア大学老人学(ジェロントロジー)大学院修了。(株)ニッセイ基礎研究所研究員、東京大学医学系研究科及び政策ビジョン研究センター特任助教(市民後見人養成講座・成年後見分野研究)を経て現職。5000人を超える後見人候補者を養成し、50を超える後見系NPO法人の立上げ及び運営を支援する「後見のスペシャリスト」。

miyauchi_5

◇齋藤 真由美氏(一般社団法人後見の杜/事務局長) ⇒ 弊社後見事業部文書課長を兼務
・慶応大学法学部卒。法務省/民事法務協会/後見センター、東京大学医学系研究科特任助教を経て、現職。行政書士でもあり、本年2月24日のNHKあさイチ「増える成年後見人トラブル」にコメンテーターとして出演。

s-mayumi

相談センター開設のお知らせ

掲載日:2016年04月05日

弊社後見事業部では、この度「相談センター」を下記の通り開設いたしました。
弊社では、「後見」を広義にとらえて、法定後見・任意後見に限らず、見守り・財産管理や遺言・死後事務など、幅広い委任サービスを提供することにより、高齢者や障がいのある方などのサポートを進めてまいります。
つきましては、なんなりと「相談センターへ」お問合せください。
制度のイロハや個別相談にいたるまで、なんでも結構です。お待ちしております。

◇開設日  平成28年4月1日(金)
◇問合せ  和なり創健株式会社 後見事業部 相談センター
住所 〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-1 阪急千里中央ビル8階
電話 06-6833-6870
FAX  06-6833-6599
メール info-koken@wanari.co.jp
担当 竹村・林・辻井

営業パンフレット1029_01

 

皆様、こんな心配ございませんか?

掲載日:2016年03月28日

皆様、こんな心配ございませんか? 和なり創健がサポートします。
◎老後の備えは順調ですか?
元気なときにこそ準備しておくと安心です! 関心ある方は、こちらへどうぞ。
◎親の老後のことが気になる皆様へ
親が元気なときにこそ親孝行! 今から考えませんか? 関心ある方は、こちらへどうぞ。
◎この子の将来が心配・・・  障がいを持つお子様のご家族様へ
今はサポートできるけれど、いつか自分がいなくなったときのために・・・
関心ある方は、こちらへどうぞ。